本文へスキップ

さまざまなスポーツ関連のインストラクターの資格情報サイト

スポーツインストラクターの資格

インストラクター

スポーツインストラクターの資格HEADLINE

競技別指導者資格(指導員・上級指導員・コーチ・上級コーチ・教師・上級教師)

競技別に専門的な指導を行う
 
■資格内容
指導対象や競技レベルで6種類 
競技別に専門的な指導を行う競技別指導者資格は、指導する場所や対象、競技レベルによって6資格に分類される。
 
資格ごとの内容は以下の通り。

指導員
 地域スポーツクラブにおいて、スポーツに初めて出会う子どもたちや初心者を対象に、競技別の専門的な知識を活かし、個々人の年齢や性別などの対象に合わせた指導にあたることがおもな役割で、特に発育発達期の子どもに関しては、総合的な動きづくりに主眼を置き、遊びの要素を取り入れた指導を行う。

上級指導員
 地域スポーツクラブなどにおいて、年齢、競技レベルに応じた指導を行うほか、事業計画の立案などクラブ内指導者の中心的な役割を担う。また広域スポーツセンターや市町村エリアの競技別指導も行える。

コーチ
 地域において競技者育成のための指導、広域スポーツセンターや各種競技別のトレーニング拠点において選手育成を担う。

上級コーチ
 国際レベルのトレーニング拠点において、各年代で選抜された競技者の育成や国際大会などの競技会における監督やコーチとして、競技者が最高の能力を発揮できるよう、強化スタッフとして組織的な指導を行う。

教師
 水泳、スキー、テニス、スケート、ボウリング、エアロビック、ゴルフといった商業スポーツ施設などで、競技別の専門指導者として質の高い実技指導を行うほか、会員(顧客)が満足できるよう、個々人の年齢、技能レベル、ニーズに合わせたサービスを提供する。

上級教師
 上記の「教師資格」の役割に加え、各事業に関する計画の立案、指導方針の決定など、組織内の指導者の中心的な役割や地域のスポーツ経営のためのコンサルティング・経営受託の企画・調整を行う。


■取得方法
養成講習修了後に検定試験 
同一年度内に養成講習会で指定されたすべての講義(共通科目と専門科目)を受け、検定試験に合格後、登録を行う。
 
養成講習会の概要は次の通り。


■詳細情報
受講資格: 指導員=満18歳以上 コーチ・教師=満20歳以上 上級指導員・上級コーチ、上級教師=満22歳以上 
※その他の条件は各中央競技団体が定める。
講習科目: 指導員=共通科目I:35時間、専門科目:40時間以上 上級指導員=共通科目I+II:70時間、専門科目:20時間以上 コーチ=共通科目I+II+III:152.5時間、専門科目:60時間以上 上級コーチ=共通科目I+II+III+IV:192.5時間、専門科目:40時間以上 教師=共通科目I+II+III:152.5時間、専門科目:80時間以上 上級教師=共通科目I+II+III+IV:192.5時間、専門科目:60時間以上
申込期間: 指導員=6月上旬~末日 上級指導員=実施都道府県・競技によって異なる コーチ・上級コーチ・教師・上級教師=2月上旬~末日
講習期間: 指導員・コーチ・上級コーチ・教師・上級教師=6月~3月 上級指導員=4月~3月
実施方法: 指導員=共通科目:通信講座、専門科目:都道府県体育協会または都道府県競技団体が指定、上級指導員=共通科目:都道府県体育協会が指定、専門科目=都道府県体育協会または都道府県競技団体が指定、コーチ・上級コーチ・教師・上級教師=共通科目:日本体育協会が指定、専門科目:中央競技団体が指定
受講料: 指導員=共通科目:21,000円、専門科目:14,700円 上級指導員=共通科目:14,700円、専門科目:10,500円 コーチ=共通科目:18,900円、専門科目:10,500円 上級コーチ=共通科目:46,200円、専門科目:16,800円 教師=共通科目:56,700円、専門科目:競技団体によって異なる 上級教師=共通科目:113,400円、専門科目:競技団体によって異なる
※共通科目は教材費を含む。また専門科目は別途に諸経費が実費の場合がある。科目免除者は割り引きあり。


■問い合わせ先
(財)日本体育協会 指導者育成課
住所:〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1
TEL:03-3481-2226



スポーツ指導者