本文へスキップ

サーフィン海上安全指導員

スポーツインストラクターの資格

インストラクター

スポーツインストラクターの資格HEADLINE

サーフィン海上安全指導員


楽しく安全なサーフィンを普及

■仕事内容

サーフィンの事故を減らす 
近年、未熟な技術や気象・海象の判断ミスのために、サーフィンの事故が多発している。こうした事故をなくし、サーフィンの普及、発展に寄与することがサーフィン海上安全指導員の仕事。業務は活動海域での事故防止、マナー指導、訓練への参加呼びかけなど幅広い。


■取得方法

協会主催の講習会を受ける 
(財)日本海洋レジャー安全・振興協会が実施する講習(1日)を受講する。


■詳細情報
受験資格: 以下の条件を満たす者。(1)JPSAまたはNSAの公認指導員である者。(2)サーフィンの活動経験が3年を超える者。(3)その他協会が適当と認めた者。
講習科目: (1)サーフィン海上安全指導員の業務内容、(2)サーフィン事故の実態と対策、(3)日本沿岸の海象・気象 
※救急法の短期講習あり。
講習日・場所: 年1回程度(年度初めに決定)
受講料: 2,000円
認定登録料: 3,000円


■問い合わせ先
(財)日本海洋レジャー安全・振興協会 安全事業部
住所:〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町4-47 コーワ太田町ビル2階
TEL:045-228-3066






スポーツ指導者