本文へスキップ

水泳指導管理士

スポーツインストラクターの資格

インストラクター

スポーツインストラクターの資格HEADLINE

水泳指導管理士


水泳連盟公認のプール管理者

■仕事内容

プールの衛生・安全を管理 
プールの水質維持や監視など安全管理・運営全般を担う。日本水泳連盟公認プールでは有資格のプール管理者をおくことが定められている。


■取得方法

講習会への参加が早道 
日本体育施設協会が実施する4日間の講習会を修了し、資格認定試験に合格する。


■詳細情報
受講資格: 次の条件を満たす者。(1)年齢=受講初日に満20歳以上、(2)泳法=競泳4泳法と横泳ぎができること、(3)泳力=同一泳法で200m以上および立泳ぎ(足のみ)ができること
講習・試験科目: 実技=水泳の基本泳法と救助法理論=公共スポーツ施設の現状、水泳の基本泳法、監視法と救助法、プール施設の維持管理、水泳事故と法的責任、水泳医事と安全管理、利用者サービスの向上と顧客満足度など
講習・試験日: 5月中旬の4日間
講習・試験地: 東京(国立競技場)
受講・受験料: 受講料20,000円・受験料15,000円
合格率: 93.6%(平成21年5月)


■問い合わせ先
(財)日本体育施設協会
住所:〒160-0013 東京都新宿区霞ケ丘10-2 国立競技場内
TEL:03-3401-7976






スポーツ指導者