本文へスキップ

体育施設管理士

スポーツインストラクターの資格

インストラクター

スポーツインストラクターの資格HEADLINE

体育施設管理士


体育施設管理のプロ

■仕事内容

体育施設内の諸問題を解決する 
体育施設全搬の維持管理および運営を担う。体育施設を運営・管理している自治体職員やスポーツクラブの従業員が取得する場合が多い。


■取得方法

受講修了後、認定試験を受ける
日本体育施設協会が主催する3日間の講習会を受講し、修了後に認定試験を受ける


■詳細情報
受講・受験資: 現在体育施設に従事している者またはこれらの業務に従事することを目的としている者で、受講初日に満20歳以上の者
講習・試験科目: スポーツ施設の照明と維持管理、スポーツ施設の音響と維持管理、スポーツ施設の法的責任、スポーツマーケティング、屋外スポーツ施設の維持管理(人工芝を含む)、芝生の造成と維持管理、スポーツ施設経営論など
講習・試験日: 6月中旬、11月下旬
講習・試験地: 東京(国立競技場)
受講料: 20,000円
受験料: 15,000円
登録料: 20,000円
合格率: 96.1%(平成21年11月)


■問い合わせ先
(財)日本体育施設協会
住所:〒160-0013 東京都新宿区霞ケ丘10-2 国立競技場内
TEL:03-3401-7976





スポーツ指導者